欅坂46

欅坂46とは

欅坂46は坂道シリーズ第2弾として乃木坂46の関連グループに属し、乃木坂46のロゴマークを踏襲しつつも、「欅坂46(通称:漢字欅)」と「けやき坂46(通称:ひらがなけやき)」の2グループ制を敷き、乃木坂46と異なる坂道シリーズを掲げている。

デビューすぐに有明コロシアムにて初ワンマンを開催、2日間3公演で2万7000人を動員。デビュー8か月にして第67回紅白歌合戦に初出場を果たした。

2016年4月6日「サイレントマジョリティー」でデビュー。女性アーティストオリコン初週売上の歴代1位を獲得。

グループ名は2015年当初、東京都港区に実在する坂道名である鳥居坂を冠し、「鳥居坂46」というグループ名でメンバーを募集していたが、オーディション最終合格者のお披露目と同時に「欅坂46」へと改名された。改名発表に際して、理由は明かされなかった。

代表曲紹介

サイレントマジョリティー

デビュー曲で、彼女たちの代名詞でもある「サイレントマジョリティー」。
「物言わぬ多数派」という意味で、まさに彼女たちを象徴すると言っても過言ではない。

「世界には愛しかない」

2016年8月10日に2ndシングルとして発売された世界には愛しかない。「セカアイ」とファンに略され、愛親しまれている欅坂46のライブの定番曲でもある。

「二人セゾン」

11月30日には3rdシングルとして発売された二人セゾン。
「セゾン」はフランス語で「季節」という意味。
ダンスはクラシック・バレエ、モダン・バレエ、コンテンポラリー・ダンスを融合し、バレエ調の舞踏的表現を用いて、仲間と心を通わせ、全身で呼吸しながら実存と向き合い、時代を生きようとする彼女たちの生命を表現している

「不協和音」

2017年4月5日に4thシングルとして発売された「不協和音」。
“軍門に下るのか” “君はYesと言うのか”などの問いかけるような歌詞が曲の旋律に乗り、複数の人物が議論を交わしているような仕上がりに。
平手友梨奈と長濱ねるが叫ぶ”僕は嫌だ!!”という台詞が特徴的です。
余談ですが、長濱ねるが叫ぶ「僕は嫌だ」は可愛いですよね。。。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です